いつまで沈む船を支え続ければいいのか?

こんな人生を考えてみた。
手持ちの資産を全て養護施設とかに寄付する。
生活は質素に徹する。
毎月余った金は、全て寄付する。
休日は、介護のボランティアをする。
75歳まで働き続ける。
75歳で死亡する。

年金をずっと払い続け、働き続け、年金を1円も受け取らずに介護の世話にもならずにサックリ死ぬ。
こんな生き方をしたら、国にとって、ものすごく都合がいいだろう。
まさに働きアリの一生だ。

実際に、こんな人生を送ったら、誰か褒めてくれるだろうか?
感謝してくれるのだろうか?
国から感謝状の一枚でも来るのだろうか?

絶対に、そんなことはない。
国を為を思って、必死で働いたとしても、顧みられることはない。

人生の時間を、国の財政の都合で浪費させられたとしても、誰も責任を取ってはくれない。

今の人は昔の人より若々しいから働けとか、労働人口が足りないから働けとかいうが、良くなった状態の分、働くのでは何のための良い状態なのかさっぱり分からない。

そもそも、最近は平均寿命は、むちゃくちゃ伸びているわけではない。
日本の平均寿命の推移をグラフ化してみる(最新)

1947年から1965年位までに劇的に伸びて、それ以降は緩やかに伸びている。

約20年前の1989年で75歳。
最近で81歳だ。
20年間で6年。

60歳から年金貰っている世代でも80歳を超えるのはそう珍しくない。
同じ年齢の時に、昔の人より若々しいと言っても、寿命が伸びている訳ではない。
結局、健康状態の良い年代を労働に消費させられていることになる。

70歳定年で平均寿命はだいたい同じで、労働期間が10年伸びることになる。
75歳定年で平均寿命はだいたい同じで、労働期間が15年伸びることになる。

若いといっも、60歳以降は人としての全盛期を過ぎている。
伸びたのは「余生」であって、「若さ」ではない - シロクマの屑籠

> 平均余命80年とは、「人間としての正規のコンディションが80歳まで延長した」という意味ではなく
> 「60歳になってからの余生が20年増えた」と捉えるべき数字だ。
> 身体が衰え始める時期も、脳が保守化していく時期も、実際にはたいして延長していない。
> 三十歳になれば白髪が目立ち始めるし、やがて男女ともに生殖能力が衰えてゆくのが定めだ

多分、これは合っている。
昔よりも状態がよいといっても、それは労働や生産活動に耐えられる状態ではないだろう。

やはり60歳までにセミリタイア。
60歳までは、単発のアルバイトとかで生活。
60歳~65歳までは資産で暮らす。
65歳からは、年金と資産で暮らす。

これがベストだという気がする。
スポンサーサイト

アクセスカウンター

プロフィール

顔のない旅行者

Author:顔のない旅行者
52歳の独身会社員
しがない会社員
4000万円貯めて、セミリタイアを目指す男。
神奈川県在住

フリーエリア

にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

ブログ内検索