もう日本は詰んでいるという事実。

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)
縮小ニッポンの衝撃 (講談社現代新書)
の2冊を立て続けに読了。

感想。
日本、もうダメだ。
少子高齢化よる日本衰退は確定している。

「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」では、確固としたデータから導き出された事実。
「縮小ニッポンの衝撃」では、衰退の現場のリアルな現実をレポートしている。

「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」は、これからの未来。
「縮小ニッポンの衝撃」は、今現在。
を見せてくれる。

もう町興しとか、地方創生とか、地方活性化とか、そういう事を考えている段階は、とうの昔に終わっている。
地方維持のために、若い世代の移住を促進している場合ではない。

日本全体が夕張と化している。
呼び込もうにも、若い世代そのものが減っている。
団塊ジュニア世代による第3次ベビーブームを起こせなかった時点で日本の未来は確定した。

上野千鶴子の言う通り、上野千鶴子氏の言う「平等に貧しくなろう」しかないだろう。
いかに少子高齢化による弊害を抑えつつ、衰退していくか。
これを考えていくしかない。

まぁ、俺が75歳まで働けば、ささやかながら少子高齢化による弊害を抑える力になるとは思うが、それをやる気はない。
スポンサーサイト

アクセスカウンター

プロフィール

顔のない旅行者

Author:顔のない旅行者
52歳の独身会社員
しがない会社員
4000万円貯めて、セミリタイアを目指す男。
神奈川県在住

フリーエリア

にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

ブログ内検索