これからは、60歳~75歳までの男性は地獄を見る時代だ。

最近読んだ雑誌
定年後の歩き方 お金・仕事・人脈 | 特集 | 週刊ダイヤモンド

60歳で定年再雇用になった社員の憤懣やるかたない怒りが綴られていた。
彼らの怒りは、年金受給者に向けられていた。
本来なら役職で定年という花道で会社員人生が終わり、その後は年金で悠々自適の生活のはずだった。
年金受給者が増えて、年金支給開始が65歳になったせいで、定年再雇用。
平で、かつての部下の下で働くことなってしまった。
屈辱以外の何者でもない。

最近読んだ書籍、「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」では、
65歳~75歳の「若き」高齢者は、「国家の非常事態」なんだから、働けと書いてある。

国は年金が払えないから、60歳~65歳まで会社で面倒見ろと丸投げ。
会社は本来、抱え込みたくない年寄りを押し付けられた格好だ。
しかし、ピークを過ぎた年寄りにやらせるまともな仕事などない。
追い出したいけど、追い出せない。
仕方ないので、平として再雇用して40代の管理職の部下にする。
権力の座から滑り落ちて、小間使いだ。
当の本人取っ手は糞面白くもないだろう。
それでも、65歳で終わりばいいほうだ。
今後は、年金制度の破綻回避のために年金支給開始年齢の更なる引き上げは確実だ。
そうなれば、定年再雇用も70歳まで引き上げられるのだろう。
10年間、屈辱の環境で働くことになる。
そんなの嫌だと、会社を辞めても、碌な仕事はない。
せいぜい、コンビニの店員か警備員か関の山だ。

逃げ切った後期高齢者に金を吸い取られ、下の世代からは見下される。
逃げ出したくても、生活に必要な金が足りないので辞めたくても辞められない。
もはや、生き地獄だ。

日本は、少子高齢化で、労働力が確実に減っていことが確定している。
では、移民は?
上野千鶴子も言っているが、日本人は多文化共生に耐えられないだろう。
それ以前に、衰退が確定している日本に好き好んでやってくる外国人がそうそういるとは思えない。
しかも、日本人がやりたがらない労働条件がキツい仕事を、低賃金でやるために移民が来るか?
移民で労働力解消は、まず不可能。

しかし、労働条件がキツい仕事を、低賃金で、誰かがやらなければ日本は維持できない。

となれば、今後の事態は容易に想像できる。
65歳~75歳の「若き」高齢者に、労働条件がキツい仕事を、低賃金でやらせる。
これしかない。

碌な仕事のないお前らに仕事を恵んで養ってやってるんだから、文句言わずに働け。
嫌なら辞めて、野垂れ死ね。
こうなるだろう。

本来、年金貰って引退生活をする年齢で、身体的にキツい仕事を60歳から75歳まで15年間続ける。
60歳から年金貰ってる高齢者を支え続けるために働く。
中には、穏やかに生活していれば健康に生きられたかもしれないのに、働いていたために健康を害して亡くなる人もいるだろう。

これから、高齢者になる人には、過酷な時代だ。
もちろん、おれもその1人だ。
スポンサーサイト

アクセスカウンター

プロフィール

顔のない旅行者

Author:顔のない旅行者
52歳の独身会社員
しがない会社員
4000万円貯めて、セミリタイアを目指す男。
神奈川県在住

フリーエリア

にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

ブログ内検索