年金は絶対に65歳からもらう。

年金75歳受給開始で夫婦の総受給額は2655万円減る | マネーポストWEB

> この年金改悪で国民の老後の資金はいくら奪われるのか。
> 夫婦2人の標準モデル(年金月額約22万1277円)で計算すると、
> 現在65歳の年金受給開始年齢が「70歳」まで引き上げられた場合、
> 年金総額は約1327万円減らされ、「75歳受給」ならその2倍、2655万円がもらえなくなる。

> 65歳から受給開始すると、76歳で払い込んだ保険料を上回る。
> 75歳で受給開始した人の総受給額が、「65歳受給開始」の人を上回るのは「86歳」だった。
> また、75歳で受給開始すると、総受給額が払い込んだ保険料を上回るのは「81歳」だった。

破綻している年金制度を維持するためには、
1 徴収額を上げる。
2 支給額を下げる。
3 支払い開始年齢を上げる。
の3つしかない。
そのうち、1と2は実施すれば、すぐに実生活に影響が出るので猛反発をうける。
残るは3しかない。
しかし、単純に支払い開始年齢を上げれば、こちらも反発を招くことになる。
そこで、受給開始を遅らせれば、受給額を上げますよと罠を張る。

75歳支給開始では、86歳で元が取れる。
男性の平均寿命を超えている。

馬鹿馬鹿しいとしか言いようがない。
75歳支給で平均寿命で死んだら、支給期間は5年間だ。
60歳から74歳まで生活できるだけの資産があれば、のんびり出来るが、大概の人間にそんな資産はない。
それどころか、日々の生活を賄う金銭的余裕もない人が大半だろう。
当然、74歳まで働くことになる。
75歳までに死んでしまえばと、何にもならない。

日本人の寿命・生存率・死因-10人に1人は65歳になる前に死ぬ?

> 実は日本人の10人に1人は65歳になる前に死んでいるというのが統計的に明らかだからです。
> それが70歳を過ぎる頃には5人に1人、80歳になる頃には5人に2人と劇的に増えていきます。

仮に75歳まで生きたとしても、自身の健康寿命全てを労働に費やして、75歳から年金を貰って何になる?
75歳では、もう満足に動くことも出来ない。

年金は、絶対に65歳支給にする。
例え、資産に余裕があろうとも関係ない。

年金制度失敗のツケを払う気など毛頭ない。
スポンサーサイト

アクセスカウンター

プロフィール

顔のない旅行者

Author:顔のない旅行者
52歳の独身会社員
しがない会社員
4000万円貯めて、セミリタイアを目指す男。
神奈川県在住

フリーエリア

にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

ブログ内検索