FC2ブログ

セミリタイアしたい理由。いつまで働けばいいんだ?

何故、セミリタイアしたいのか?
それは、このままなにも考えずに働いていると、健康寿命を全て労働で使い切ってしまう可能性が大だからだ。

コラム:定年70歳へ法改正を、「一石三鳥」の活性化策 | ロイター
70歳定年、75歳で年金支給開始!?内閣府が高齢者の定義を「65歳→70歳」に引き上げを提案
65歳定年→70歳まで「ほぼ現役」に?自民党プロジェクトチームの案が物議に

70歳 定年で検索したら、こんな記事が引っかかる。
成人男性の健康寿命は71歳だ。
大体、この年齢くらいまでなら普通に生活できるということだ。
この年齢を越えれば、日常生活に支障をきたすことになるらしい。

70歳まで働くということは、つまり、普通に生活できる期間のすべてを労働に費やせということだ。
働くだけの人生だ。
しかも、この定年延長は破綻している年金制度を維持するためのものだ。
100年安心なんぞと喚いていたのはいつのことだ?

年金は最初は積立制度だった。
しかし、途中から割賦制度に変わった。
受け取る人が少なく、払う人が多かった戦後や高度経済成長期は、それでよかった。
しかし、バブル崩壊、それに続く低成長時代。
そして、長寿化で今や、貰う人が多く、払う人が少なくなっていて、破綻は誰の目にも明らかだ。
本来なら、少子高齢化が顕在化する前に積立制度に戻さなければならなかったが、誰もそんな貧乏くじはひきたくなかった。
問題先送りにして、何もしなかった。
そして、今はこの有様だ。

破綻している年金制度を維持する方法は3つしかない。

支給額を下げる。
徴収額を上げる。
支払い開始年齢を上げる。

今もらっている高齢者の支給額を下げれば、猛反発間違いなしなので無理。
徴収額を上げるのも、現役世代の生活を圧迫するので無理。

支払い開始年齢を上げるしか、手はない。

日本の経済と年金制度を維持するに、はとにかく、現役世代を働かせるしか手はないのだ。

働けるやつは、徹底的に働かせる。
おそらく、今後、年金支給開始年齢はもっと上がっていくだろう。
70歳になったら、75歳まで先延ばし。
75歳になったら、80歳まで先延ばし。

そして、、、、、、。
死ぬまで働かされることは間違いない。
スポンサーサイト

アクセスカウンター

プロフィール

顔のない旅行者

Author:顔のない旅行者
53歳の独身会社員
しがない会社員
セミリタイアを目指す男。
神奈川県在住

フリーエリア

にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

ブログ内検索