FC2ブログ

高齢者が働いて過労死一直線

「高齢者の働き方を真剣に考えないと」 麻生太郎財務相が古い制度運用を問題提起
「日本人の平均寿命はこの70年間で30年延びた。その頃に作った制度と今のとでは、当てはまらなくなるのは当然」

馬鹿野郎としか言いようがない。
伸びたのは「余生」であって、「若さ」ではない
> 平均余命80年とは、「人間としての正規のコンディションが80歳まで延長した」という意味ではなく「60歳になってからの余生が20年増えた」と捉えるべき数字だ。
伸びた30年は、しっかり働ける時間ではない。
時間と金を消費していく余生の時間だ。
体力も、頭脳も衰えている。
そんな状態で、20代~50代の人間並に働ける訳がない。
最近の相次ぐ高齢者ドライバーの事故なんか最たる例だ。

> また、麻生氏は「活力ある高齢化社会ができれば、この国は極めて世界から認められる国になり得る」と主張。高齢者の活用を活発化させることが、国内総生産(GDP)の引き上げや医療費削減にも寄与するとの考えも述べた。

要は、労働人口が足りないから、高齢者を無理やり働かせようというわけだ。
続・下流老人 一億総疲弊社会の到来 (朝日新書)
もう、本当に疲弊社会だ。
働けど働けど、穏やかな老後は来ない。
働くだけの人生だ。
スポンサーサイト

アクセスカウンター

プロフィール

顔のない旅行者

Author:顔のない旅行者
53歳の独身会社員
しがない会社員
セミリタイアを目指す男。
神奈川県在住

フリーエリア

にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

ブログ内検索