FC2ブログ

セミリタイアしたい理由。いつまで働けばいいんだ?

何故、セミリタイアしたいのか?
それは、このままなにも考えずに働いていると、健康寿命を全て労働で使い切ってしまう可能性が大だからだ。

コラム:定年70歳へ法改正を、「一石三鳥」の活性化策 | ロイター
70歳定年、75歳で年金支給開始!?内閣府が高齢者の定義を「65歳→70歳」に引き上げを提案
65歳定年→70歳まで「ほぼ現役」に?自民党プロジェクトチームの案が物議に

70歳 定年で検索したら、こんな記事が引っかかる。
成人男性の健康寿命は71歳だ。
大体、この年齢くらいまでなら普通に生活できるということだ。
この年齢を越えれば、日常生活に支障をきたすことになるらしい。

70歳まで働くということは、つまり、普通に生活できる期間のすべてを労働に費やせということだ。
働くだけの人生だ。
しかも、この定年延長は破綻している年金制度を維持するためのものだ。
100年安心なんぞと喚いていたのはいつのことだ?

年金は最初は積立制度だった。
しかし、途中から割賦制度に変わった。
受け取る人が少なく、払う人が多かった戦後や高度経済成長期は、それでよかった。
しかし、バブル崩壊、それに続く低成長時代。
そして、長寿化で今や、貰う人が多く、払う人が少なくなっていて、破綻は誰の目にも明らかだ。
本来なら、少子高齢化が顕在化する前に積立制度に戻さなければならなかったが、誰もそんな貧乏くじはひきたくなかった。
問題先送りにして、何もしなかった。
そして、今はこの有様だ。

破綻している年金制度を維持する方法は3つしかない。

支給額を下げる。
徴収額を上げる。
支払い開始年齢を上げる。

今もらっている高齢者の支給額を下げれば、猛反発間違いなしなので無理。
徴収額を上げるのも、現役世代の生活を圧迫するので無理。

支払い開始年齢を上げるしか、手はない。

日本の経済と年金制度を維持するに、はとにかく、現役世代を働かせるしか手はないのだ。

働けるやつは、徹底的に働かせる。
おそらく、今後、年金支給開始年齢はもっと上がっていくだろう。
70歳になったら、75歳まで先延ばし。
75歳になったら、80歳まで先延ばし。

そして、、、、、、。
死ぬまで働かされることは間違いない。
スポンサーサイト

働くことって、そんなに立派なことなのか?

気になる記事を2つ見つけた。

働かなくても社会とかかわる NightWalker's Investment Blog
「奴 隷」について思いを馳せてみよう リタ研ブログ 大庭夏男の早期退職法

2人とも、セミリタイアしていて、働くことで社会に関わることについて疑問を呈している。

大庭夏男さんは、はっきりと、それは奴隷の世界だと言っている。

日本では、働けるのに働かないなんておかしい、勿体ないという発想が染み付いているらしい。
働くことは、立派なことだ。
男は働いてこそ一人前。
そんな風潮がまかり通っている。

一体何で、そんなに働くことに大層な意義を見出しているんだ?
一つは、やはり今の70代、80代が戦後から高度経済成長期を過ごしたからだろう。
戦後は、物資不足で、働かなくては生きていけなかった時代だ。
生きること=働くことだ。
働くことが人生そのものだ。

後は、高度経済成長期は、働けばその分、収入が増え、社会的地位も上がっていった。
働くことは、自己実現そのものと言ってもいいだろう。

しかし、時代は変わった。
社会は豊かになり、日々必死で働かなくても喰っていけるようになった。
年金暮らしや引き籠もり、生活保護受給者が増えているのも、社会が豊かになったからだ。

そして、働けば報われる時代も終わった。
今や、若年層の労働者は多くが非正規雇用だ。
収入は低く、雇用は不安定だ。
働けば働くほどバカを見る時代だ。

言われるままに働いていれば、全てを搾取されてしまう。

ひきこもり歴30年・44歳の息子は、もう放っておくしかないんじゃないのか。

ひきこもり30年44歳 小遣い6万の是非 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

17歳から44歳まで引篭りだから、28年間のはずだがという突っ込みは別として、、、。
もう、これは放っておくしかないだろう。
小中学校で、イジメとかで不登校になって引きこもりなら、まだ同情の余地がある。

しかし、彼の場合、高校2年の頃から勉強について行けなくなって、高校を中退。
親から貰った金で、欲しいものを買いに外へ出かけるとか、金が足りない月は親にせびっている。
本人が、何とか社会復帰しようともがいているのなら、まだ改善の余地があるが、彼はそんなこともしない。
挙げ句の果てに、

「えっ? うちにはもうこれだけしかお金がないの? やばいじゃん。どうすればいいの」
金のことはとても気になったけれど、なかなか聞き出すタイミングがなかった。
もっと早く教えてくれればよかったのに……とかなりショックを受けてしまったようです。

何だ?
長男が被害者のような、この書き方は?

なんか、ここまで読んで、馬鹿らしくなってしまった。
両親は長男のことを心配しているようだが、もうここまできたらダメだろう。
今更、働くことなんて出来ないし、節約して両親が亡くなるまで年金で暮らしていくしかないだろう。
両親が亡くなったら、生活保護で暮らすしかなかろう。

しかし、父親の年金が年間210万円とは驚いた。
月にして17万5千円だ。
もちろん、働いている時にそれなりの年額を払ったのだろうが、その差に驚いてしまう。
こっちは、月13万円で、それも65歳から支給されるか甚だ怪しい状況だ。
やはり、世代間格差は存在するなぁと実感する。

今後も、破綻している年金制度を維持するために、年金支給開始年齢は引き上げられ、結果として世代間格差はどんどん広がっていくのだろう。
やり切れない。

7月15日の断捨離

古いミニタワー型パソコンをヤフオクにて売却。
すぐに処分したかったので、即決価格1円で出品。
出品後、1時間で落札された。

かなりボロいパソコンで、入札がかかるのかと心配だったが、売れるものだ。

働けば働くだけバカを見る時代

小中学校で「先生が足りない」理由|けさのクローズアップ|NHKニュース おはよう日本
NHK『おはよう日本』の教員不足特集に反響 文科省の対策は「やりがい発信」 - エキサイトニュース

バカとしか言いようがない。将来の少子化による教員数過剰を見越して、いつでも切れるように非正規雇用にして、かつ低賃金で働かせてせおく。

文部省の勘違いは、教員が辞めるということを想定していなかったことだろう。
働く連中は、給料が安かろうが、長時間労働だろうが粛々と働くと勘違いしていたことだ。

だから、
「教員の仕事の重みとかやりがいが、ひとつの選択肢として確実に出てくるような魅力の発信」
なんて勘違い発言が飛び出してくる。

日本って、全然変わっていない。

やる気とか意気込みとか、末端の個々人に解決を丸投げする。
合理的に考えるとか、問題点を明確化して対策を立てるということが全然出来ない。

インパール作戦の時代と全然変わっていない。

今回の教員不足も、給与を上げるとか、長時間労働を止めるとかいう方向にはいかずに、今の体制でひたすら働く人が来ることを期待する。

なぜ、ここまで現実を直せずに、見当違いのことができるのか?

ひょっとしたら、日本人は現実を直視したくない民族なんじゃないだろうか?
そんなことを考えてしまう。

7月9日の断捨離

ヤフオクに出品していて、落札された雑誌の付録の財布と、エルゴノミクスマウス2つを発送。

40代、50代でポンコツになる日本の労働システム。

何だかんだ言っても、日本の給与体系は年功序列になっている。
そして、労働スキルは就職した会社固有のものとなる。
早い話が潰しが効かない。

そして、やっと、給与が上がるはずの40代、50代では、何も出来ない社員となっている。
その時期にリストラの標的にされ、会社を追い出される。

副業、アルバイト駄目。
会社に全てを捧げろ。
年取ったら、給料上げてやるから、若い内は安月給で我慢しろ。
そして、給料が上がるはずの40代、50代になる。
「はぁ、手前ら何にも仕事できないくせに、何でそんなに金貰ってんだよ。くそ親父」と罵られる。
会社の財政は悪化しているから、人件費が高く仕事ができない中高年は追い出し部屋に送られる。

日本は建前上、会社側からは解雇できないから、自主退職に追い込む。
そこに情けも容赦もない。
中高年を追い出さなければ、自分たちの首が締まるのだ。
自分達が生き残るために、お荷物と化した中高年を追い出すしかない。
たとえ、中高年が追い出されたら、路頭に迷うとしてもだ。

かくして、辞めるか自殺するまで、パワハラは続く。
これが日本の現状だ。

そして、このシステムを止める訳にはいかない。
なぜなら、中高年全てがリストラされる訳ではないからだ。
中高年全てをリストラしたら、さすがに会社の業務が回らない。
管理職に上がったもの、上司の覚えめでたい奴は残る。
そういう残った連中にとって、現状の労働環境が維持されないと、自分達の給与が下がる。
かくして、大量の犠牲者を出しながら、なんら労働環境は改善されること無く、際限のないリストラが続く。

誰も助けてくない世の中で、知識がないと大変なことになる。

今日のハロワと国民健康保険料

大変な状況の中、お金が節約できて良かったと心から思う。
知らずに余分に払ったとしても、市役所は指摘もしてくれないし、一旦払い込んだら、後から余計に払ったことに気付いても、返してもくれないだろう。

不足分はきっちりとチェックし、支払いが遅れれば容赦なく追徴金を徴収するくせにだ。
困っている人には、とことん冷たい世の中だ。
自分も、きちんと勉強しなければならないと思う。

今後は、誰でも40代までに3000万円貯めなければならないのかもしれない。

将来、自分の能力は今よりも劣化しているという残酷な事実

リンク先にもあるように、人間の能力は確実に衰えていく。
終身雇用、年功序列があった高度経済成長時代なら、中高年を雇っておく余裕もあった。
定年も60歳で、年金にも余裕があり、老後の生活の心配もしなくてよかった。

だが、もう時代は変わってしまった。
社会の変化は早く、会社の寿命も個人より短くなってしまった。
幾多の大企業が業績不振に苦しみ、情け容赦のないリストラを結構し、中高年を切り捨てていった。

いままで培ってきた経験が時代遅れになり、何の役にも立たなくなる。
そして、一から新しいことを覚えなくてはならなくなる。
新しいことをやるなら、誰でも、当然、若い人を選ぶ。
人件費の高い中高年などお荷物でしかない。

40歳過ぎれば、誰でもリストラ対象になる。
不幸にしてリストラ対象になれば、辞めるまでパワハラが繰り返される。
中高年 リストラで検索すれば、そんな悲惨な事例がいくらでも出てくる。

確実に減っていく人的資本は、金融資産で補うしかない。
一般的に老後に必要な資金は3000万円と言われている。
3000万円は厳しいとしても、最低でも半年から1年は暮らしていけるだけの貯金を持っていないと、失業すればたちまち路頭迷ってしまう。

51歳の今、もし貯金が全然なかったとしたら?
ゾッとしてしまう。
20代前半で正社員として雇用され、節約と投資に励み、そのまま40歳まで働き続けることがきるなら、ある程度の資産は持つことができるだろう。

もう、そうしなけれは、生きていけない時代なのだと熟実感する。

7月2日の断捨離

雑誌の付録の財布と、エルゴノミクスマウス2つをヤフオクに出品。
落札されるか?

アクセスカウンター

プロフィール

顔のない旅行者

Author:顔のない旅行者
53歳の独身会社員
しがない会社員
セミリタイアを目指す男。
神奈川県在住

フリーエリア

にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

ブログ内検索