FC2ブログ

はてな村のOUTポイントが増えた。やっぱりお金のことを書いたから?

はてな村のランキングが上がっている。
といっても、ブログのアクセス数なんて高が知れている訳だけど。
それでも、今まで2桁台のだったポイントが4桁台になっているのには、驚いた。

ポイントが上がったことに対して、思い当たる節は、資産額を書いたことしかない。
資産額が3000万円を超えたとか、今年一年の資産額の増減を書いた辺りから、ポイントが伸び始めたように思う。

やはり、みんな株式投資とかの資産運用に興味があるということなのだろうか。
それとも、世界経済に翻弄されて四苦八苦している男の、資産運用の大変さに興味があるのだろうか。

何にしろ、ちょっとしたサプライズだ。
スポンサーサイト

情弱は、金を騙し取るのが作法なり。

「花の慶次」での慶次のセリフ「果し合いは、止めを刺すのが作法なり」をもじって。
お前だって情弱だろうというツッコミはあると思うが、そこはご愛嬌。

世の中、金融リテラシーの低い人から、金を毟り取ろうとする輩が多すぎる。
オレオレ詐欺、公営ギャンブル、宝くじ、パチンコ、銀行、不動産投資、保険会社。
特に詐欺なんて、一度引っかかると、次から次へと新手の詐欺師が現れる。

ある詐欺師が、認知症を患っている老人に法外な金額でシロアリ駆除の契約を結ばせた後、立て続けに同様の詐欺師が訪れ、何件ものシロアリ駆除の契約を結ばされたなんて話もある。

情報リテラシーがないと、次から次へと現れる金を毟り取ろうとする連中に対抗できない。

【高齢者「70歳以上に」】働け、死ぬまで働け。

高齢者「70歳以上に」 内閣府、定義引き上げ提言

遂にというか、やっぱりというか来た。
高齢者年齢引き上げ。
今の60代は、昔の人より若々しいから、働けなんて言っていたが、ついに70歳まで引き上げた。

ふざけんなよなと言いたい。
人が足りません。
じゃあ、定年延長して、今の現役世代をずっとこき使おう。
高齢者の定義を変えるだけなら、政策でも、対策でも何でもない。

元の記事には、健康寿命一杯まで働けと書いてある。
人の人生を何だと思っているんだ。
健康だって、大切な財産だ。
時間とは命そのものだ。
昔より健康だなんて当たり前だろう。
食糧事情、医療事情は昔より著しく改善した。
これで、健康寿命が伸びなかったら、そっちのほうがおかしい。

伸びたのは「余生」であって、「若さ」ではない
みなさん、生涯現役のお知らせです!おめでとうございます!

上記のブログにも書かれている通り、どうあがいても、60代は60代。70代は70代だ。
30年前の20代、30代にも、身体能力、頭脳の回転の速さで勝てやしない。
それでも、20代、30代と同じように働けと言う。

食事や運動に気を遣って、健康な身体を維持してきた。
きちんと働いて、年金、税金も納めてきた。
身体がきちんと動くうちに、まとまった時間がないとできない海外旅行や温泉巡りでもやっておこう。
自分の健康時間を好きなことに使おう。

そう思っていたところに、お前のかけがえのない時間を全て労働に差し出せと言ってくる。
しかも、引退後の片手間の仕事ではなく、今までと同じように働けだ。

多分、高齢者年齢の引き上げは70歳では済まない。
「75歳まで働いてほしい」 高齢化で実はピンチ? スウェーデンの年金制度
北欧が、この有様だ。
年金が破綻している日本はもっと大変なことになる。
多分、高齢者年齢は80歳まで引き上げられるだろう。

文字通り、死ぬまで働け時代の到来だ。

高齢者が働いて過労死一直線

「高齢者の働き方を真剣に考えないと」 麻生太郎財務相が古い制度運用を問題提起
「日本人の平均寿命はこの70年間で30年延びた。その頃に作った制度と今のとでは、当てはまらなくなるのは当然」

馬鹿野郎としか言いようがない。
伸びたのは「余生」であって、「若さ」ではない
> 平均余命80年とは、「人間としての正規のコンディションが80歳まで延長した」という意味ではなく「60歳になってからの余生が20年増えた」と捉えるべき数字だ。
伸びた30年は、しっかり働ける時間ではない。
時間と金を消費していく余生の時間だ。
体力も、頭脳も衰えている。
そんな状態で、20代~50代の人間並に働ける訳がない。
最近の相次ぐ高齢者ドライバーの事故なんか最たる例だ。

> また、麻生氏は「活力ある高齢化社会ができれば、この国は極めて世界から認められる国になり得る」と主張。高齢者の活用を活発化させることが、国内総生産(GDP)の引き上げや医療費削減にも寄与するとの考えも述べた。

要は、労働人口が足りないから、高齢者を無理やり働かせようというわけだ。
続・下流老人 一億総疲弊社会の到来 (朝日新書)
もう、本当に疲弊社会だ。
働けど働けど、穏やかな老後は来ない。
働くだけの人生だ。

弁当チェーン店の閉店で人手不足を実感した。

近所のオリジン弁当が閉店した。
それとなく、店員に閉店理由を聞いてみた。
はっきりとは言わなかったが、人手不足が原因らしかった。
かつて、オリジン弁当は24時間営業していた。
それがいつのまにか、朝5時から24時までの営業になった。
そして、閉店した。

また、吉野家も
24時間営業
朝8時から22時
その後、10時から22時
と営業時間を短縮。
そして、最後は閉店した。

また、これも近所のラーメンチェーン店、2ヶ月ほど前から人手不足を理由に休業している。

先日、ちょっと遠いところにある本家かまど屋に、弁当を買いに行ったら、そこも休業していた。

飲食産業は、長時間労働の割には低賃金だから人手不足とは聞いていたが、実感はなかった。
しかし、自分の身近で立て続けに飲食店や弁当店が閉店し、人手不足というものを初めて実感した。

17万円の年金では生活できません。キリッ

79歳でパートを掛け持ち…“過労老人”に転落する人々

> 今は17万円の年金の大半が家賃と生活費に消える。さらに、息子の奨学金さえ自らの年金から返しており、家計を圧迫する。

俺が60歳まで年金払って、65歳から支給される額を日本年金機構のホームページで計算した。
支給額は14万円未満だ。
泣ける。

今現在、17万円貰っていて、生活できませんなんて言われると、ふざけんなと言い返したくなる。
大体、17万円は俺の感覚では、普通に生活するには十分だ。
家賃と生活費に消えると書いてあるが、何にいくら位使っているんだ?
というか、17万円以内で生活できるように、支出をコントロールするのが普通じゃなかろうか。

何ていうか、今の年金支給額ではでは生活できませんという話ばかりで、嫌になる。
年金だけで生活できるなんて見通しを立てていたのかと問い返したくなる。

こういう人達の年金は、今の現役世代が払っているのだ。
今、年金を貰っている高齢者は、そのことを知っているのだろうか。

この記事を読んで、つくづく思ったことは、俺に支給される年金の額は、彼らに支給されている額を上回ることはないということだ。
俺が、これから生きていくには、節約して、資産形成に励むしかない。

エスカレターに乗れない高齢者を助けて、筋力の大切さを知った。

駅を出た時、エスカレーターの前に立っている高齢者の女性を見かけた。
女性はエスカレーターに乗るでもなくずっと立っていた。
ちょっと気になったので、しばらく見ていた。

そして、女性がエスカレーターの前に立っている理由が分かった。
女性は4輪のショッピングカートを引いていた。
そのショッピングカートをエスカレーターの乗せられず立ち往生していたのだ。
あまりにも、可哀想になったので、「ショッピングカートを持ちましょう」と声をかけて、俺はショッピングカートを持ってエスカレーターに乗った。
女性は、お礼を言いながら、下の段のエスカレーターに乗った。
エスカレーターを登りきったところで、女性にショッピングカートを返して、別れた。

ショッピングカートは、そんなに重くなかった。
俺が片手で何の苦もなく持ち上げられたから、おそらく3キログラムはないだろう。
エスカレーターの乗っている間、女性は、普段はエレベーターを使っていると言っていた。
今回は、エレベーターが動いていなかったらしく、仕方なくエスカレーターを使おうとしたらしい。

この一件で、改めて高齢者の筋力について考えるようになった。
喋り方ははしっかりしていたし、自分でエスカレーターに乗ったのだから、自分自身が動くのには支障がないのだろう。
しかし、女性は、3キログラムの物をちょっと持ち上げる筋力がなかった。
高齢者は、ここまで筋力がないものかと知り、ちょっとショックだった。
俺にとっては、何とも無いこと(ショッピングカートを持ち上げる)が、全くできず、日常生活にとてつもない困難をもたらす。
俺も、高齢者になれば、こんなになってしまうのだろうか。

自分でも、最近は筋力の低下を自覚している。
今から、筋トレに励まないと、いずれは日常生活に支障をきたすのだろう。
今回の出来事で、改めて筋力の大切さを思い知らされた。

中抜する奴だけが儲かる

みずほ銀行のシステムは、いつ完成するのか 現代のサグラダファミリア教会?

3000億円かかっている割には、末端の技術者への支払いは驚くほど安い。
国内某銀行が勘定系システム再構築の全体プロジェクトマネージャーを130万円で募集中!必須スキルはタフなメンタル

おそらく、元請けから、最後の末端まで5つ~6つくらい間が入っているのだろう。
そして、間で中抜きする。

中抜した会社は何にもしない。
まさにボロ儲け。

こんなことをやっていては、IT業界は衰退する一方だろう。
最近は、コンピュータ関連の学部を卒業した学生は、証券などの全く関係ない業種に就職するという。
IT業界の酷さが知れ渡っているから、優秀な学生ほどIT業界を敬遠する。

中抜がなくなれば末端で頑張っている技術者に金が行くから、優秀人が来るはずなのだが、中抜きという甘い汁を知ってしまった中間の会社は止められないんだろうな。

変な癖

俺には、変な癖がある。
買ったものを使わないという癖だ。

結構買い物をしている。
ゲーム、本、漫画、時計、その他もろもろと買い込んでいる。
じゃあ、それらを使っているかというと、全然使っていない。
ゲームはプレイしていない。
本、漫画も読んでいない。本棚に仕舞ってある。
時計もたくさん買っているが使っていない。

なぜ、こんなことをしているのか自分でもよく分からない。

多分、勿体ないという、よく分からない感情が働いている。
あとで読もう、後でプレイしようという後回し感情が働いている。
何ていうのか、現実逃避しているというか、現実を見ていない。

おそらく、今という時間を楽しめないのだろう。
常に後のことを考えているというか、今から目を逸らしている。

結局、今を生きていない。

無知の人から金をむしり取るのが、一番簡単な金儲け。

マルチ商法というか、詐欺が後を絶たない。
世の中には、騙されやすい人が一定数いる。
経済的に困窮していて、心の余裕を失っており政情な正常な状態だったら、引っかからない詐欺に引っかかってしまう人もいる。

金を騙し取ろうとする人は、そういう困った人を目ざとく見つけて、言葉巧みに金をだまし取る。
そして、金は全て使い果たしてしまう。

捕まったときは、金はないので、弁済しないでいい。
そして、刑務所で税金で生活。

出所後に、また新たな詐欺で金をだまし取る。
これぞ、最強の金儲け。

アクセスカウンター

プロフィール

顔のない旅行者

Author:顔のない旅行者
53歳の独身会社員
しがない会社員
セミリタイアを目指す男。
神奈川県在住

フリーエリア

にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

ブログ内検索