コマンダー最大の改良点

2000年と2002年のコマンダーは比べると、色々と違いがある。
それらの違いの中で最大の違いは、これだろう。

IMG_0996.jpg
IMG_0992.jpg

ハンドル材G-10を留めるネジの位置が違う。
2000年のコマンダーは、ハンドルの真ん中当たりに等間隔に3本のネジで留めてある。
2002年のコマンダーは、ハンドルのエンドに2本のネジで留めてある。

最新のコマンダーも同じく、ハンドルのエンドに2本のネジで留めてあるので、この時期に改良されたのだろう。
右と左でネジの位置が違うのは、右用と左用のネジ穴がぶつからないようにした工夫だと思われる。

多分、ネジの位置を変えたのは、2000年のタイプだとネジがクリップの下になってしまうからだと思う。
2000年のタイプだと、クリップを外さないとハンドル材を外すことができない。逆もまた然り。
多分、これが問題だったのだと思う。
スポンサーサイト

エマーソン コマンダー 比較

IMG_0987.jpg
サムディスクを留めるネジが違う。

IMG_0986.jpg
ブレードはシルバーのほうが加工が簡略化されている。
刃先までの厚さが同じ。

IMG_0985.jpg
親指をかける部分の滑り止めの刻みがシルバーのほうが大きい。

IMG_0984.jpg
ハンドルの鉄板の間にいれてある部品(?)のサイズが違う。
IMG_1005.jpg
出っ張りはシルバーの方が大きい。

IMG_1006.jpg
シルバーは自立するけど、黒は自立しなかった。

エマーソン コマンダー

現在、所有しているコマンダー2本。
2000年製造 黒 セレ付
2002年製造 シルバー セレ無

コマンダー 2000 黒 セレ付
コマンダー 2002 グリーン プレーン

「2000年製造 黒 セレ付」はヤフオクで落札。
「2002年製造 シルバー セレ無」は、通信販売で買ったと思う。
Silverbladeさんによると、グリーンのハンドルは珍しいのだそうだ。
全然、知らなかった。

コマンダー 2002 グリーン プレーン オープン
コマンダー 2000 黒 セレ付 オープン

ブレードの加工や、ハンドルのネジ位置に違いがある。

コマンダー 2000 黒 セレ付 エンブレム
コマンダー 2002 グリーン プレーン エンブレム

こうやって、見比べてみると、細かい部分で違いがある。

「2000年製造 黒 セレ付」
Commanderの文字がない。
このころには、もうCommanderとよばれていたはずなのだが。
特許番号もない。
特許申請中だったのか?
シリアルナンバーもない。

「2002年製造 シルバー セレ無」
Commanderの文字がある。
特許番号がある。
シリアルナンバーがある。
WAVE FEATUREの文字がない。
このころは、まだWAVE FEATUREという名称がなかったということか。

Silverbladeさんの2008年ものや
EAGLEさんの2010年ものと比べてみると、Commanderの進化というか改良の歴史が窺えて面白い。

アクセスカウンター

プロフィール

顔のない旅行者

Author:顔のない旅行者
52歳の独身会社員
しがない会社員
4000万円貯めて、セミリタイアを目指す男。
神奈川県在住

フリーエリア

にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

ブログ内検索