脳の酸素不足を解消する。

腹式呼吸では、体の酸素不足は解消されるのだが、頭のほうはいま一つ
酸素不足が解消されない。

腹式呼吸では頭のほうに圧力がかからず、頭部への血流が、それほど増大しないのが原因のようだ。

そのせいか、腹式呼吸で、呼吸が深くなってきたら、息を止めて腹部を膨らませた状態で、無意識に腹部をへこませるようになった。
腹部をへこませると、圧力が上の方にかかるせいか、頭の方の血流が良くなる。

多分、圧力を上の方にかけて、頭部への血流量を増やそうとする無意識の行動だったのだと思う。

こうすると、肺のほうが膨らみ、肋骨が広がるようになる。

最初は全然肋骨が広がらない。

胸の筋肉が日々の緊張で、強張っているせいか、とにかく広がらない。

これでは、肺が充分に膨らまず、空気を取り込めない。
酸素不足になるのも無理はない。

この肋骨を広げる動作を10分くらい続けていると、胸の筋肉の強張りが取れて、
徐々に肋骨が広がるようになってくる。
それとともに肺も充分に広がるようになる。
そして、頭部への血流量が増えるのがわかる。

脳への血流量が急速に増えるため、一時的に目眩がすることがある。
血液不足で活動が低下していた脳に、酸素が行き渡り一気に活性化した
ため、その変動に体が付いていかないのだと思う。
立ってやるのは危険だ。

目眩は10秒くらいで収まる。
この目眩が収まると、脳の酸素不足が解消されて、非常にすっきりした状態になる。
スポンサーサイト

呼吸ができない。

最近、疲れやすいとかイライラするようになって、何かおかしいなと思ったときに読んだ記事。

吸うことよりも吐くことを意識する呼吸法の理論 - keitaro-news

よくよく、自分の状態を観察してみると頭痛というか頭がズキズキする感じがする。
明らかに酸素不足のときに起こる兆候だ。

早速、以前にやったことのある腹式呼吸をやって、酸素不足を解消しようとした。

腹部を膨らませながら、鼻から4秒空気を吸う。
そのまま、腹部を膨らませた状態で7秒息を止める。
腹部をへこませながら、鼻から6秒で空気を吐く。

これを15分ほど続ける。

腹部を膨らませた状態で息を止めると、血液の流れが徐々に良くなっていく。
10分くらいすると、一気に血液の流れが良くなる。
この急激に血液の流れが良くなる状態になると目眩がすることがあるので注意が必要。

これをやって、血液の流れが良くなると如何に自分の呼吸が浅く、酸素を摂取していなかったのかと
思い知らされる。

早速、腹式呼吸をやってみる。

しかし、何かおかしい。
息を吸うことはできるだが、止めることができない。
7秒間、酸素供給を止めていられない。
3秒くらいで、苦しくなって息を吐いてしまう。

以前は、7秒くらい止めることは簡単だったのに、、、、、。

自分の体が、ここまで酸素不足だったのかと知り、愕然とする。
仕方ないので、3秒間の息止めで続ける。
しかし、3秒間ではあまり効果がない。
なんとか15分ほど続けていると、7秒間息を止めることでできるくらいまでになった。

そのまま更に15分ほど、腹式呼吸を続ける。
徐々に全身の血流が良くなっていくのを感じる。
全身に血が巡っていくのを感じることができる。

結局、以前やったときのような、一気に血液の流れが良くなる状態は経験できなかったが、
かなり酸素不足の状態は改善された。

頭の中の霞がかかった様な状態も、かなり良くなり、すっきりした状態になった。

呼吸が浅くなると、本当に頭脳の活動が鈍っていく。

これからも、腹式呼吸で、酸素不足を解消していかないとマズいなと思った。

# 呼吸ができない。

最近、疲れやすいとかイライラするようになって、何かおかしいなと思ったときに読んだ記事。

吸うことよりも吐くことを意識する呼吸法の理論 - keitaro-news

よくよく、自分の状態を観察してみると頭痛というか頭がズキズキする感じがする。
明らかに酸素不足のときに起こる兆候だ。

早速、以前にやったことのある腹式呼吸をやって、酸素不足を解消しようとした。

腹部を膨らませながら、鼻から4秒空気を吸う。
そのまま、腹部を膨らませた状態で7秒息を止める。
腹部をへこませながら、鼻から6秒で空気を吐く。

これを15分ほど続ける。

腹部を膨らませた状態で息を止めると、血液の流れが徐々に良くなっていく。
10分くらいすると、一気に血液の流れが良くなる。
この急激に血液の流れが良くなる状態になると目眩がすることがあるので注意が必要。

これをやって、血液の流れが良くなると如何に自分の呼吸が浅く、酸素を摂取していなかったのかと
思い知らされる。

早速、腹式呼吸をやってみる。

しかし、何かおかしい。
息を吸うことはできるだが、止めることができない。
7秒間、酸素供給を止めていられない。
3秒くらいで、苦しくなって息を吐いてしまう。

以前は、7秒くらい止めることは簡単だったのに、、、、、。

自分の体が、ここまで酸素不足だったのかと知り、愕然とする。
仕方ないので、3秒間の息止めで続ける。
しかし、3秒間ではあまり効果がない。
なんとか15分ほど続けていると、7秒間息を止めることでできるくらいまでになった。

そのまま更に15分ほど、腹式呼吸を続ける。
徐々に全身の血流が良くなっていくのを感じる。
全身に血が巡っていくのを感じることができる。

結局、以前やったときのような、一気に血液の流れが良くなる状態は経験できなかったが、
かなり酸素不足の状態は改善された。

頭の中の霞がかかった様な状態も、かなり良くなり、すっきりした状態になった。

呼吸が浅くなると、本当に頭脳の活動が鈍っていく。

これからも、腹式呼吸で、酸素不足を解消していかないとマズいなと思った。

さくらや、閉店

昨日、「さくらや」の終焉を見届けるべく、川崎の「さくらや」に行ってきた。

午後8時40分頃に、川崎に着き、そのまま「さくらや」に直行。
店内はすでに商品はなく、フロアはガラガラ。
かろうじて、2階のフロアで余り物らしき小物を売っていた。

午後8時58分に、2階のフロアから下りのエスカレーターで出口に向かう。
エスカレーターを下りたところに、さくらやの全店員が並んでいた。
エスカレーターで下りてきたお客さんに全員一斉にお辞儀をして、「ありがとうごいました」
と大きな声で挨拶していた。
IMG_2336_convert_20100302001836.jpg

そのまま、出口付近で店内の様子を見続ける。

午後9時20分まで、全店員による挨拶が続く。

午後9時20分。
フロアのシャッターが静かに降りてくる。
全店員が出口に向かってお辞儀をして、「ありがとうごいました」と最後の挨拶。
IMG_2348_convert_20100302002053.jpg

そして、フロアのシャッターが完全に降りた。

かくして、「さくらや」は閉店した。

長い間、ご苦労さまでした。

アクセスカウンター

プロフィール

顔のない旅行者

Author:顔のない旅行者
52歳の独身会社員
しがない会社員
3500万円貯めて、セミリタイアを目指す男。
神奈川県在住

フリーエリア

にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

ブログ内検索