キーボードをFMV-KB231に替えた。

自宅で使用するキーボードをFMV-KB211からFMV-KB231に替えた。

USB親指シフトキーボード FMV-BK231


今現在、所有しているFMV-KB211は4台。
1台は職場で、もう一台、自宅で使用していた。

このFMV-KB211は何としても保持しなければならないキーボードだ。

PS/2接続のキーボードは、今後発売されることは絶対にない。
中古でも出回っているものは、もうほとんど無い。
たまにあっても、状態が良くない。

職場で使えるキーボードは、PS/2接続のキーボードのみなので、
このFMV-KB211を失うと職場で親指シフトが使えなくなる。

今まで、自宅でもFMV-KB211を使っていた。
しかし、貴重なFMV-KB211を自宅で使用して、万が一にも壊してしまったら大変だと考え、
自宅で使用していたFMV-KB211を温存し、代わりにFMV-KB231を使用することに決めた。

FMV-KB231は、あまり好きではなかった。
理由は、ウィンドウズキーやプロパティキーという余計なキーが増えたせいで、
コントロールキーとALTキーが小さくなってしまい、使いづらくなってしまったのからだ。

あと、Japanist2003が必要だったのが、ネックだった。
一度、Japanist2003はインストールしてみたのだが、MS-IMEと微妙に操作が違っていて、
使いづらさを感じて、アンインストールしてしまった。

しかし、FMV-KB231を使うためには、仕方が無い。

Japanist2003をインストールして、FMV-KB231を使ってみた。

意外なことだが、FMV-KB231は結構、使い易かった。

FMV-KB211は、キーのバネが固いのか、キーを押すのに少し力が必要だった。
一言で言えば、キーが重い。
しかし、FMV-KB231はFMV-KB211と構造が違うのか、FMV-KB211よりもキータッチが軽かった。
フワっという感じのキータッチだった。

最初は、このフワっとしたキータッチに戸惑った。
しかし、慣れれば、FMV-KB211よりも軽い力で打つことができて、結構よい感じに思えてきた。

あと、問題があるとすれば、Japanist2003とMS-IMEのキーアサインの違いによる操作の違いに
なれることだ。
スポンサーサイト

アクセスカウンター

プロフィール

顔のない旅行者

Author:顔のない旅行者
52歳の独身会社員
しがない会社員
3500万円貯めて、セミリタイアを目指す男。
神奈川県在住

フリーエリア

にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

ブログ内検索