FC2ブログ

物を捨てるには手間がかかる。

部屋の中を整理して、不用品をピックアップした。
うち、幾つかはヤフーオークションに出品した。
これが結構、手間がかかる。
写真を撮って、発送用の箱を確保して、説明文を書く。
こんなことをしていたら、1日が終わってしまった。

これだけ手間を掛けても、入札がかからなければ、どうにもならない。
なんていうか、自分が嫌になる。
無計画に物を買い、最後には管理できなくなり放置している。
今までは、物を処分する時間がもったいない。
もっと有意義なことに時間を使う使うべきと、現実から目を逸らしていた。

しかし、放っておいても事態が勝手に好転することはない。
中高年こそ“老前整理”を 何から始めるべきか提唱者に聞く
気力、体力が衰える前に、不要なものを処分しなければならない。
スポンサーサイト

本が多い、多過ぎる。

本が多い。
どうしようなく多い。
もはや、何があるのか分からなってきている。
今までは、安いからアマゾンで中古の本を買ったり、手軽だから紙の本を買ってきた。

しかし、もはやパンク寸前。
自分でも、どこに何の本があるか分からない。
最初は、本棚に収納していた。
そして、本棚が増えていった。
やがて、本棚を置く場所が無くなった。

本を収納する段ボール箱を購入した。
読み終わった本を段ボール箱に収納した。
そして、今度は、段ボール箱が増えていった。

段ボール箱に入っているで、もはや何の本があるのかさえ分からなくなってきている。

こうなると、本を持っていても何の意味ない。
段ボール箱に収納された本は、多分、二度と読まない。
今までは、本は大切な財産と考えて、持ち続けていた。
年に2、3回、不要と思われる本を捨てていた。

それでも、本は増える一方だった。
うず高く積まれた段ボール箱を見て、最近やっと何とかしなくてはと思うようになった。

とりあえず、キンドルを購入して、キンドル版のある本は処分しようと決めた。
さっそく、手持ちの本でキンドル版のあるものを調べたのだが、意外とキンドル版のある本が少ない。
60冊位しかなかった。
やはり、古い本はキンドル版がない。

ここでふと思った。
今までは、いつかまた手に取るかもしれないと考えて、後生大事に本を取っておいた。
しかし、それらの本を再び手に取ったことがあったか?
殆どない。

なにかこう、ずっと取っておきたいと思えるほど、感銘を受けた本がどれくらいある?
そんなにないはずだ。

自己啓発、ライフハック系の本もたくさん買ったが、実際に書かれた内容を実践したことがあるか?
殆どない。

自己啓発もライフハック系も、雨後の筍のように後から後から出版される。
それらの本を何冊読んだところで、実践しなければ何にもならない。

生き方、人生哲学なんかの本もそうだ。
後から後から幾つも出版される。
切りがない。

断捨離とかの本を読むと、物とか本は取っておくのではなく、要らないかもという前提で判断せよと書いてある。
今までは、そういう意識を持つことができなかった。
しかし、さすがに部屋が、足の踏み場もないゴミ屋敷一歩手前の状態になってくると、嫌でも意識が変わってくる。
というより、今まで目を逸らしていた現実にやっと目を向けることができるようになったと言うべきか。

本当のゴミ屋敷になる前に、断捨離を始めようと思う。

7月15日の断捨離

古いミニタワー型パソコンをヤフオクにて売却。
すぐに処分したかったので、即決価格1円で出品。
出品後、1時間で落札された。

かなりボロいパソコンで、入札がかかるのかと心配だったが、売れるものだ。

7月2日の断捨離

雑誌の付録の財布と、エルゴノミクスマウス2つをヤフオクに出品。
落札されるか?

アクセスカウンター

プロフィール

顔のない旅行者

Author:顔のない旅行者
53歳の独身会社員
しがない会社員
セミリタイアを目指す男。
神奈川県在住

フリーエリア

にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

ブログ内検索