いつまで沈む船を支え続ければいいのか?

こんな人生を考えてみた。
手持ちの資産を全て養護施設とかに寄付する。
生活は質素に徹する。
毎月余った金は、全て寄付する。
休日は、介護のボランティアをする。
75歳まで働き続ける。
75歳で死亡する。

年金をずっと払い続け、働き続け、年金を1円も受け取らずに介護の世話にもならずにサックリ死ぬ。
こんな生き方をしたら、国にとって、ものすごく都合がいいだろう。
まさに働きアリの一生だ。

実際に、こんな人生を送ったら、誰か褒めてくれるだろうか?
感謝してくれるのだろうか?
国から感謝状の一枚でも来るのだろうか?

絶対に、そんなことはない。
国を為を思って、必死で働いたとしても、顧みられることはない。

人生の時間を、国の財政の都合で浪費させられたとしても、誰も責任を取ってはくれない。

今の人は昔の人より若々しいから働けとか、労働人口が足りないから働けとかいうが、良くなった状態の分、働くのでは何のための良い状態なのかさっぱり分からない。

そもそも、最近は平均寿命は、むちゃくちゃ伸びているわけではない。
日本の平均寿命の推移をグラフ化してみる(最新)

1947年から1965年位までに劇的に伸びて、それ以降は緩やかに伸びている。

約20年前の1989年で75歳。
最近で81歳だ。
20年間で6年。

60歳から年金貰っている世代でも80歳を超えるのはそう珍しくない。
同じ年齢の時に、昔の人より若々しいと言っても、寿命が伸びている訳ではない。
結局、健康状態の良い年代を労働に消費させられていることになる。

70歳定年で平均寿命はだいたい同じで、労働期間が10年伸びることになる。
75歳定年で平均寿命はだいたい同じで、労働期間が15年伸びることになる。

若いといっも、60歳以降は人としての全盛期を過ぎている。
伸びたのは「余生」であって、「若さ」ではない - シロクマの屑籠

> 平均余命80年とは、「人間としての正規のコンディションが80歳まで延長した」という意味ではなく
> 「60歳になってからの余生が20年増えた」と捉えるべき数字だ。
> 身体が衰え始める時期も、脳が保守化していく時期も、実際にはたいして延長していない。
> 三十歳になれば白髪が目立ち始めるし、やがて男女ともに生殖能力が衰えてゆくのが定めだ

多分、これは合っている。
昔よりも状態がよいといっても、それは労働や生産活動に耐えられる状態ではないだろう。

やはり60歳までにセミリタイア。
60歳までは、単発のアルバイトとかで生活。
60歳~65歳までは資産で暮らす。
65歳からは、年金と資産で暮らす。

これがベストだという気がする。
スポンサーサイト

自分の享年を決められるか?

久々に、ズシンと来る記事を読んだ。
「私は○歳で死ぬ」と決めることが生きること | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

自分はいつまで生きるか分からない。
だから、延々と資産形成をしている。
逃げ切り計算でシミュレートする時、100歳まで生きられるように計算している。
もちろん、100歳まで生きられる確率は結構低い。
約1.8%だ。
日本人の寿命・生存率・死因-10人に1人は65歳になる前に死ぬ?

でも、万が一、100歳まで生きてしまったら、、、。
そう思って、いつも100歳まで生きることを前提に計算してきた。

だが、多分と言うか間違いなく100歳まで生きた時は、脳がまともに機能していたとしても、身体の方は衰えていて、半分寝たきりになっているはずだ。
それとも、脳のほうがだめになっているかもしれない。
100歳になった時、まともに活動などできないだろう。

逃げ切り計算で100歳まで生きることを前提に計算していた時、100歳までまともに活動出来ていると考えていた。

100歳まで生きるのだから、それを考えたら、もっと金を貯めなければ、、、。
年金だって当てにはならない。
もっと、もっと、、、。
無意識のうちにそう思うようになっていた。
何時まで経っても、安心できる資産額まで到達できなっていた。
100歳まで安心できる資産額の形成。
99歳まで資産形成に励めば到達できるかもしれない。

無理だ。資産形成に終わりがなくなった。
それは、人生からリタイアが無くなったも同然のことだ。
働き続けるしかない。
心の中で、だらだらと働き続ける人生が続くような気分になっていた。

終わりがない。
そうではなく、自分で享年を決めて、そこから逆算して人生を決めたほうがいい。
目論見が外れて、想定した享年を過ぎて生きたら、そこから先はボーナスステージと考えて粛々と生きる。

先が見えない、段々と心身が衰えていく人生を生きるより、終わりを決めて生きたほうがいい。
まずは、自分の享年を考えることから始めたい。

何故、セミリタイアしたいのか?

セミリタイアしたい理由1
まとまった自由な時間がほしい。

セミリタイアしたい理由2
厚生年金を払いたくない。

セミリタイアしたい理由3
自由に動ける時間が残り少ない。

セミリタイアしたい理由4
体力、筋力の衰え。

セミリタイアしたい理由5
気力の衰え。
新しいことをやりたくない。

年金は絶対に65歳からもらう。

年金75歳受給開始で夫婦の総受給額は2655万円減る | マネーポストWEB

> この年金改悪で国民の老後の資金はいくら奪われるのか。
> 夫婦2人の標準モデル(年金月額約22万1277円)で計算すると、
> 現在65歳の年金受給開始年齢が「70歳」まで引き上げられた場合、
> 年金総額は約1327万円減らされ、「75歳受給」ならその2倍、2655万円がもらえなくなる。

> 65歳から受給開始すると、76歳で払い込んだ保険料を上回る。
> 75歳で受給開始した人の総受給額が、「65歳受給開始」の人を上回るのは「86歳」だった。
> また、75歳で受給開始すると、総受給額が払い込んだ保険料を上回るのは「81歳」だった。

破綻している年金制度を維持するためには、
1 徴収額を上げる。
2 支給額を下げる。
3 支払い開始年齢を上げる。
の3つしかない。
そのうち、1と2は実施すれば、すぐに実生活に影響が出るので猛反発をうける。
残るは3しかない。
しかし、単純に支払い開始年齢を上げれば、こちらも反発を招くことになる。
そこで、受給開始を遅らせれば、受給額を上げますよと罠を張る。

75歳支給開始では、86歳で元が取れる。
男性の平均寿命を超えている。

馬鹿馬鹿しいとしか言いようがない。
75歳支給で平均寿命で死んだら、支給期間は5年間だ。
60歳から74歳まで生活できるだけの資産があれば、のんびり出来るが、大概の人間にそんな資産はない。
それどころか、日々の生活を賄う金銭的余裕もない人が大半だろう。
当然、74歳まで働くことになる。
75歳までに死んでしまえばと、何にもならない。

日本人の寿命・生存率・死因-10人に1人は65歳になる前に死ぬ?

> 実は日本人の10人に1人は65歳になる前に死んでいるというのが統計的に明らかだからです。
> それが70歳を過ぎる頃には5人に1人、80歳になる頃には5人に2人と劇的に増えていきます。

仮に75歳まで生きたとしても、自身の健康寿命全てを労働に費やして、75歳から年金を貰って何になる?
75歳では、もう満足に動くことも出来ない。

年金は、絶対に65歳支給にする。
例え、資産に余裕があろうとも関係ない。

年金制度失敗のツケを払う気など毛頭ない。

セミリタイアしたい理由。いつまで働けばいいんだ?

何故、セミリタイアしたいのか?
それは、このままなにも考えずに働いていると、健康寿命を全て労働で使い切ってしまう可能性が大だからだ。

コラム:定年70歳へ法改正を、「一石三鳥」の活性化策 | ロイター
70歳定年、75歳で年金支給開始!?内閣府が高齢者の定義を「65歳→70歳」に引き上げを提案
65歳定年→70歳まで「ほぼ現役」に?自民党プロジェクトチームの案が物議に

70歳 定年で検索したら、こんな記事が引っかかる。
成人男性の健康寿命は71歳だ。
大体、この年齢くらいまでなら普通に生活できるということだ。
この年齢を越えれば、日常生活に支障をきたすことになるらしい。

70歳まで働くということは、つまり、普通に生活できる期間のすべてを労働に費やせということだ。
働くだけの人生だ。
しかも、この定年延長は破綻している年金制度を維持するためのものだ。
100年安心なんぞと喚いていたのはいつのことだ?

年金は最初は積立制度だった。
しかし、途中から割賦制度に変わった。
受け取る人が少なく、払う人が多かった戦後や高度経済成長期は、それでよかった。
しかし、バブル崩壊、それに続く低成長時代。
そして、長寿化で今や、貰う人が多く、払う人が少なくなっていて、破綻は誰の目にも明らかだ。
本来なら、少子高齢化が顕在化する前に積立制度に戻さなければならなかったが、誰もそんな貧乏くじはひきたくなかった。
問題先送りにして、何もしなかった。
そして、今はこの有様だ。

破綻している年金制度を維持する方法は3つしかない。

支給額を下げる。
徴収額を上げる。
支払い開始年齢を上げる。

今もらっている高齢者の支給額を下げれば、猛反発間違いなしなので無理。
徴収額を上げるのも、現役世代の生活を圧迫するので無理。

支払い開始年齢を上げるしか、手はない。

日本の経済と年金制度を維持するに、はとにかく、現役世代を働かせるしか手はないのだ。

働けるやつは、徹底的に働かせる。
おそらく、今後、年金支給開始年齢はもっと上がっていくだろう。
70歳になったら、75歳まで先延ばし。
75歳になったら、80歳まで先延ばし。

そして、、、、、、。
死ぬまで働かされることは間違いない。

アクセスカウンター

プロフィール

顔のない旅行者

Author:顔のない旅行者
52歳の独身会社員
しがない会社員
3500万円貯めて、セミリタイアを目指す男。
神奈川県在住

フリーエリア

にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

ブログ内検索