最近、座間の事件のことを考えている。

正直、アニメかマンガの中の世界の出来事じゃないかと思ってしまう。
アニメというか小説では、Fate/Zeroの雨生龍之介。
マンガでは、ハンターハンターの ツェリードニヒ=ホイコーロか。

多分、こういう行方不明は公になっていないだけで、結構たくさんあるんじゃないかと思う。
以前、ちょっと読んだ、史村翔 (著), ながてゆか (著)のSILENCERとかにも、日本の行方不明者のことが描かれていた。
犯罪に巻き込まれたり、殺されている行方不明者も結構いると思う。

それにしても、ここまで酷い事件が起きたのは、ネットの普及が原因だなと、つくづく思う。

27歳の無職男性に、女子高生、あるいは成人女性が、実際に会って、殺されてしまう。
普通に考えれば、ありえないことだ。

以前、携帯電話によって人類はテレパシー能力を手に入れたと何かで読んだ。
全ての人間がテレパシー能力を手に入れた結果、今までならば交わることのなかった人間同士が接触できるようになってしまった。
異界の扉は開かれてしまった。

そして、生まれたときからネット環境がある今の10代、20代にとっては、ネット環境は現実社会と変わらないリアリティを持っている。
ネット環境は第二の現実社会となっている。

ただ、この第二の現実社会は圧倒的なスケールと高速性を持っている。
善意も悪意も、あらゆるものを光の速さで世界中に拡散させてしまう。
こんなものに小学生辺りから接触しているのだから、怖ろしいものだ。
小学生、中学生が扱うには、ネット環境は手に余るものだ。

車、酒、タバコ、全て成人まではいちおう禁止されている。
車はときには、運転をミスって人を殺すこともある。
だから、教習を受けて、免許を取らなければ車を運転できない。

車以上に、強大なパワーを持っていて、車以上に危険なネット環境に小学生の時分から、何の抵抗力も保たずに接しなければならない。
今の人達は、大変だと思う。
多分、俺みたいな人間は今の時代に生を受けたらまともに生きていないと思う。
正直、今の時代に10代を過ごさなくてよかったと思っている。
スポンサーサイト

ひきこもり歴30年・44歳の息子は、もう放っておくしかないんじゃないのか。

ひきこもり30年44歳 小遣い6万の是非 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

17歳から44歳まで引篭りだから、28年間のはずだがという突っ込みは別として、、、。
もう、これは放っておくしかないだろう。
小中学校で、イジメとかで不登校になって引きこもりなら、まだ同情の余地がある。

しかし、彼の場合、高校2年の頃から勉強について行けなくなって、高校を中退。
親から貰った金で、欲しいものを買いに外へ出かけるとか、金が足りない月は親にせびっている。
本人が、何とか社会復帰しようともがいているのなら、まだ改善の余地があるが、彼はそんなこともしない。
挙げ句の果てに、

「えっ? うちにはもうこれだけしかお金がないの? やばいじゃん。どうすればいいの」
金のことはとても気になったけれど、なかなか聞き出すタイミングがなかった。
もっと早く教えてくれればよかったのに……とかなりショックを受けてしまったようです。

何だ?
長男が被害者のような、この書き方は?

なんか、ここまで読んで、馬鹿らしくなってしまった。
両親は長男のことを心配しているようだが、もうここまできたらダメだろう。
今更、働くことなんて出来ないし、節約して両親が亡くなるまで年金で暮らしていくしかないだろう。
両親が亡くなったら、生活保護で暮らすしかなかろう。

しかし、父親の年金が年間210万円とは驚いた。
月にして17万5千円だ。
もちろん、働いている時にそれなりの年額を払ったのだろうが、その差に驚いてしまう。
こっちは、月13万円で、それも65歳から支給されるか甚だ怪しい状況だ。
やはり、世代間格差は存在するなぁと実感する。

今後も、破綻している年金制度を維持するために、年金支給開始年齢は引き上げられ、結果として世代間格差はどんどん広がっていくのだろう。
やり切れない。

エルゴノミクスが何故合わないかやっと分かった。

手首の腱鞘炎がひどいので、腱鞘炎を防ぐというエルゴノミクスマウスをいくつか使ってみた。

サンワダイレクト エルゴノミクスマウス 腱鞘炎防止 レーザー 6ボタン 400-MA036
サンワサプライ エルゴブルーLEDマウス MA-ERG7
独特の形状で手首への負担が軽減されるらしい。

しかし、使ってみて、何か違和感を感じた。
最初は何が違和感を発生させているのか分からなかったが、しばらくして気付いた。
エルゴノミクスマウスはマウスをきちんとホールドできないのだ。

普通のマウスは、親指と薬指でマウスを挟み込むことでマウスをしっかりとホールドできる。

しかし、エルゴノミクスマウスはその形状の関係でマウスを挟み込んでホールドできない。
親指の反対側には、マウスのボタンをクリックするための中指がある。
当然、親指と中指で挟み込むことは出来ない。
ボタンがあるからだ。
マウスをしっかりホールドできないので、素早く動かすことが出来ない。

エルゴノミクスマウスは俺には合わなかった。
腱鞘炎になりにくい普通のマウスを探そうと思う。

三菱東京UFJ銀行が嫌い。

三菱東京UFJ銀行が名前を三菱UFJ銀行に変えるそうだ。

三菱東京UFJ銀行から「東京」が消える? 銀行広報は「現時点で決定している事実はない」

こんなどうでもいいことで、グダグダやってないで、本来の銀行業務に精を出せよ。
と言いたい。

傍から見れば、バカバカしいことでしかないのだが、中の人達にとっては大問題なのだろう。
俺達の銀行の名前を残せ。
こんなことに血道を上げているのだろう。
合併しても、中の人達にとってはどこの出身かが問題なのだろう。
合併したのだから、心機一転を図るためにバッサリと名前を変えようなんて気はさらさらないらしい。
おそらく、三菱東京UFJ銀行のなかでは、三菱銀行、東京銀行、三和銀行、東海銀行、東洋信託銀行の派閥争いというか権力闘争とかが渦巻いているはずだ。

名前を変えたみずほ銀行にしても同じだ。
第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行出身者の派閥争いが繰り広げられているはずだ。
第一勧業銀行なんて、合併前でも第一銀行と勧業銀行の出身者でたすきがけ人事なんてやっていたらしい。
みずほは三行合併ではなく四行合併だなんて揶揄されていた始末だ。

元の名前を繋ぎ合わせるなんて、合併しても、俺達は意思統一する気はないぜと対外的にアピールしているとしか思えないのだが、中の人達にはどうでもいいのだろう。

献血は引退しようと思う。

日本赤十字から、献血者が足りません葉書がきた。
何となく、大ピンチそうだったから、行ってきた。
献血は成分だった。
まぁ、これはいつものこと。
今日は血圧が低く、途中で採血がとまることが何度かあった。

献血はとりあえず、無事に終わった。
かかった時間は70分。
結構疲れた。
やはり、51歳の身体には成分献血は堪えるようになってきている。
自分の不摂生も原因だろうけど。

今日の献血で献血回数は235回になった。
この数には成分献血でスタンプが3つ押されていた時代の回数もあるから、単純に献血回数235とはならない。
逆に高校の時や献血手帳を忘れて、スタンプが押されなかったときもあるから、もはや正確な回数は分からない。

それでも16歳の時から36年間献血してきて、それなりに赤十字には貢献してきたと勝手に思っている。
献血者が激減していて、大変なことになっていることは知っているが、身体の衰えととともに、献血に対する熱意というか気概もなくなってきていることを実感している。
ここらで、献血は止めようと思う。

アクセスカウンター

プロフィール

顔のない旅行者

Author:顔のない旅行者
52歳の独身会社員
しがない会社員
4000万円貯めて、セミリタイアを目指す男。
神奈川県在住

フリーエリア

にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

ブログ内検索