FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検査目的の献血は、止められないのか。

個々のHIV陽性献血者への対応は、医師である血液センタへーの所長が、献血者に直接連絡して、血液センターに来所してもらい、その場で医師が検査結果の説明とカウンセリングを実施して、エイズ専門医療機関への紹介を行っています。このことから、実質的には献血でHIV感染が判明した場合は、献血者本人に結果が知らされていると言うことになります。この方法では、建前の検査目的の献血を防止して、HIV陽性献血者の健康管理、早期...
献血時におけるHIV抗体検査の通知について-その2-現在、献血でHIV感染が判明した場合の血液センターの対応はどうなのか?



やっぱり、献血でHIV感染が発覚したときは、通知していたのか。

「検査結果の説明とカウンセリングを実施して、エイズ専門医療機関への紹介を行っています。」
至れり尽くせりじゃないか。

これじゃ、検査目的で献血するやつが増えるのは当たり前だ。

現状、感染に心当たりがある人が検査目的で献血に来たのか、
本当に感染に気づかずに献血に来たのか区別がつかない。

他人にHIVを感染させても知った事じゃないなんて考えている心無い人が
検査目的で献血に来ても、止めようが無い。

人の心の中は分からない。

以前、SPAで風俗とか出会い系でHIVに感染した男女が、自暴自棄になって
見境無く出会い系で避妊なしのSEXに走り、他人にHIVをばら撒くという記事を読んだことがある。

こんな連中は許せないが、まだ感染の広がりは遅い。

しかし、検査目的で献血して、万が一、検査をすり抜け、HIV混入の血液製剤が患者に使用されたら
どれだけの感染者が出るか分からない。

しかも、感染させた本人は、まったく罪に問われることも無い。
というよりも、犯人を特定することすらできない。
感染させた本人は、自分のせいで、HIVに感染して苦しんでいる人がいる事実すら知らずに生活している。

まさしく完全犯罪だ。

こんなダブルスタンダードを許していたら、ますますHIV検査目的の献血が増えて、
いずれHIV混入の血液製剤が患者に使用される事態が頻発するようになって
HIV感染の第一原因が献血だなんてことになってしまうのではないだろうか。
スポンサーサイト

アクセスカウンター

プロフィール

顔のない旅行者

Author:顔のない旅行者
53歳の独身会社員
しがない会社員
セミリタイアを目指す男。
神奈川県在住

フリーエリア

にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。