厚生年金の支給開始年齢68歳、いいかげんにしてくれ。

財務省が厚生年金の支給開始年齢を引き上げるべきだとする主張を展開している。

https://www.sankei.com/premium/news/180424/prm1804240001-n1.html
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1804/25/news039.html
https://irorio.jp/nagasawamaki/20180412/455971/

正直、いい加減にしてくれと言いたい。
真綿で首を締めるように、じわじわと支給開始年齢を引き上げられたら、何時まで経っても老後のプランが立てられない。

実際の所、年金制度は破綻している。
年金を使う高齢者は増える一方。
それに対して、支払う現役世代は減る一方。
こうなることは、人口動態から何十年も前から分かり切っていたことだ。

本当は経済が絶好調だったバブル時代に、年金制度に手を入れておかなければならなかった。
具体的には、割賦方式ではなく積立方式への変更だ。
人口が増えている時は割賦方式のほうが理に適っている。
使う人が少なく、払う人が多いのだから負担額は少なくて済む。
しかし、人口が減る時は、割賦方式は破滅への道だ。
事実、そうなっている。
そして、経済が衰退している今の時代、積立方式に変更する余裕はない。

もう、このまま突っ走るしかない。
そして、年金制度の破綻を避けるための最も現実的な手段は、支給開始年齢引き上げしかない。
政府の言う通りに真面目に働いていれば、そのご褒美はさらなる労働と税金の徴収しかない。
自分の健康寿命を全て年金制度を支えるために搾取されることになる。

年金制度が危機に瀕していることは分かる。
しかし、だからといって、年金制度維持のために自分の人生全てを差し出す気にはなれない。
どこかのタイミングで厚生年金からは離脱して、ゆるく働いて、自分の時間を自分のためにゆっくり使う生活に入りたいと思う。
スポンサーサイト

何を今更。

鉄は国家なり

> 実際に現場で作業をしているのは期間従業員や子会社のスタッフであるということが暴露されたと私は考えます。
> つまり、看板を背負っている会社は、実は何もしていない。

ソフトウェアの世界ではこんなこと当たり前。
みかかやにこち、その他諸々の日本を代表するIT関連の会社は、下請けに丸投げで実際には何もしていない。
というか、できない。
何も知らないこういう会社が看板で仕事を取って、中抜して子会社やら下請けやらに丸投げ。
そして、丸投げされた会社が更に下請けに丸投げ。

日本には、こんな充実した下請構造があちこちにある。
中抜している奴だけが儲かる。

鉄鋼の世界だって、昔から下請けに丸投げでやってきている。
だから、こんなものがある。
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/download/guideline/IronSteel.pdf
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/2014/140313shitaukeGL6.pdf

じゃあ、なんで今頃になって、こんな不正が出始めているのか?
昔より、納期やコストに対する要求が格段に厳しくなってきたからだろう。
そして、こういう場合、下請けの過度な負担をさせて凌ぐのが日本企業のの常道だ。
トヨタの下請けへの過度なコスト削減なんていい例だ。

新しいことが出来ず、ひたすらコスト削減でしか世界と勝負できない。
それが、日本の現状だ。

享年を95歳を想定することにした。

このエントリーにも書いたが、享年は95歳を想定することにした。
多分、100歳までは生きられないだろう。
たとえ、その歳まで生きたとしても、寝たきりになっているはずだ。
その頃には、高齢者が増えていて、安楽死とかが当たり前になっている気がする。
もっとも順調に行って95歳位ではないかと漠然と考えている。
大体4人に1人は90歳まで生きるらしい。
100歳は100人に1人。
http://stonewashersjournal.com/2016/10/05/lifespan/

最悪でも95歳を想定しておけば、間違いないだろう。
今後は、逃げ切り計算機で95歳まで生きることを想定して計算することにしたい。

世界経済の荒波の前には、10万、20万なんて意味ないなとつくづく思う。

2015年から2017年までの資産増加と投資した金額を調べてみた。
2015年 資産増加額 145万円 投資した金額 212万円 マイナス67万円
2016年 資産増加額 244万円 投資した金額 85万円 159万円
2017年 資産増加額 378万円 投資した金額 74万円 304万円

2015年はもっとも投資に費やした金額が多いにも関わらず、トータル67万マイナス。
2017年は2015年の約3分の1の追加投資にも関わらず、トータル300万のプラス。

2015年、2016年ともに100万、200万単位で増えたり減ったりして、資産が大きく増減した。
2017年に入ってから、月間で100万円減ったことは一度もない。
年初から通しても、1月だけは50万円減少したが、その後は月別で見ると毎月プラスで終わっている。
残り3ヶ月で、大変な事が起こって、大暴落する可能性が無いとは言えないが2017年が好調だったのは確かだ。

笑っちゃう。
必死に投資していた時期は資産が全然増えなくて、投資していない時期に増えていく。
駄目な時はどんなに頑張っても駄目。
調子のいい時は、何もしなくてもよくなっていく。
もちろん、経済が低迷していた時に投資していたから、今増えているということもあるのだが、世の中の無常を感じてしまう。

テロや何やらで色々と不穏な空気も漂っているが、経済の波は、今は上向きの時期なのだろう。
あと1年くらいは、この状態が続いてほしいと思う。

人的資本が減少している現在、リーマン・ショック級の事件が起きて、資産減少の上、失業なんてしたら、リカバリーできない。

暴落に対するリスクが飛躍的に高まる分、人生後半の投資は、キツイなと思う。

8月10日のたわらノーロード 先進国株式

基準価額 11,366 円
前日比  -132 円
前月比  +4 円

たわらノーロード 先進国株式は大幅下げ。

ETFは下げ。
インデックスファンドは大幅下げ。

トータルで大幅下げ。
今日もたわら先進国株式を5000円買い。

アクセスカウンター

プロフィール

顔のない旅行者

Author:顔のない旅行者
52歳の独身会社員
しがない会社員
4000万円貯めて、セミリタイアを目指す男。
神奈川県在住

フリーエリア

にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

ブログ内検索