結局、金を貯めるしかないのか。

これからは少子高齢化で、確実に年金は減っていく。そして、支給開始年齢も上がっていく。
そして、定年も上がっていく。
定年まで勤められればいいが、雇用環境は激変していて、いつ失業してもおかしくない。
40歳過ぎて、失業すれば、再就職は適わない。
実質、人生詰み。

今の時代、35歳までに3000万円くらい貯めなくてはやっていけないのではないかと思う。
結婚とか、子供を持つとかやってられない。
そんなことをしていたら、資産を築くことなど出来ない。
みんな、よく結婚とか子供を持つとか出来ると思う。
こういう人達は、おそらく、ほとんど資産がないだろう。
失業したら、お先真っ暗だ。
心底、凄いと思う。
スポンサーサイト

これから、働ける自信はない。

これから、ネット社会はますますその範疇を拡大させていく。
世の中の変化は、ますます加速していく。
安定なんて、どこにもなくなっていく。

正直、65歳までの13年間、働いていける自信はない。
況んや、70歳なんてとんでもない。
75歳は論外。

増える一方の高齢者を養い、次世代の子供の教育費を負担し、自身の生活を維持しつつ、老後に備える。
そんなことできるか。

しかも、勤務体系は、相変わらず高度経済成長期の終身雇用、年功序列を前提とした体系のままだ。
新卒で入社した会社で定年まで勤め上げることを前提としている。
その会社でしか通用しないローカル技能を積み上げ、40代の頃にはもう潰しが効かなくなっている。
そして、その頃には住宅ローンやら子供の教育費やらで身動きが取れなくなっている。
一ヶ月でも給与が途絶えたら、たちまちローンが滞り、マイホームを差し押さえられてしまう。

なんだかんだ言っても、日本の労働環境は定年まできっちり働いて、定年後に退職金と年金で悠々自適に生活をするという仕組みになっている。

しかし、労働者側のメリットというか希望である退職金と年金は減る一方。
定年は伸び、人生の有益な時間も減っていく一方だ。
こういう気持ちになるのも分かる。
大人には、苦労話ではなく「人生の楽しさ」を語ってほしい

> そこで驚いたのは、だれひとりとして「就職すること」を楽しみにしていなかったことだ。

> 「残業で飲み会に遅れる!社蓄つらい」
> 「これから40年社蓄やるってやばくない?」
> 「連休とか社蓄には関係ないからな~」

これから40年間働く人たちって、本当に大変だ。

これから働く人たちには悪いが、俺は早々にリタイアしたい。
高齢者を養うことと、下の世代の教育費の負担から抜けたい。
そのための投資による資産形成だ。

最近、座間の事件のことを考えている。

正直、アニメかマンガの中の世界の出来事じゃないかと思ってしまう。
アニメというか小説では、Fate/Zeroの雨生龍之介。
マンガでは、ハンターハンターの ツェリードニヒ=ホイコーロか。

多分、こういう行方不明は公になっていないだけで、結構たくさんあるんじゃないかと思う。
以前、ちょっと読んだ、史村翔 (著), ながてゆか (著)のSILENCERとかにも、日本の行方不明者のことが描かれていた。
犯罪に巻き込まれたり、殺されている行方不明者も結構いると思う。

それにしても、ここまで酷い事件が起きたのは、ネットの普及が原因だなと、つくづく思う。

27歳の無職男性に、女子高生、あるいは成人女性が、実際に会って、殺されてしまう。
普通に考えれば、ありえないことだ。

以前、携帯電話によって人類はテレパシー能力を手に入れたと何かで読んだ。
全ての人間がテレパシー能力を手に入れた結果、今までならば交わることのなかった人間同士が接触できるようになってしまった。
異界の扉は開かれてしまった。

そして、生まれたときからネット環境がある今の10代、20代にとっては、ネット環境は現実社会と変わらないリアリティを持っている。
ネット環境は第二の現実社会となっている。

ただ、この第二の現実社会は圧倒的なスケールと高速性を持っている。
善意も悪意も、あらゆるものを光の速さで世界中に拡散させてしまう。
こんなものに小学生辺りから接触しているのだから、怖ろしいものだ。
小学生、中学生が扱うには、ネット環境は手に余るものだ。

車、酒、タバコ、全て成人まではいちおう禁止されている。
車はときには、運転をミスって人を殺すこともある。
だから、教習を受けて、免許を取らなければ車を運転できない。

車以上に、強大なパワーを持っていて、車以上に危険なネット環境に小学生の時分から、何の抵抗力も保たずに接しなければならない。
今の人達は、大変だと思う。
多分、俺みたいな人間は今の時代に生を受けたらまともに生きていないと思う。
正直、今の時代に10代を過ごさなくてよかったと思っている。

将来の子供に回す金などない。

財源なしで大規模な乳幼児給付を行う方法

将来、貰う年金を、先に受け取って子育て支援にするという話。
しかし、そんなこと出来るわけない。

年金は、積立方式ではなく割賦方式だ。
つまり、今払っている年金は受給者である高齢者が使っている。

高齢者は、これからどんどん増えていく。
彼らに支払う年金も膨れ上がる一方だ。

現役世代から徴収する年金を減らせば、高齢者に金がいかなくなる。
将来のために回す金などないのだ。

年金が割賦制度である限り、徴収される年金は増えることはあっても減ることはない。
そして、割賦制度を止めることとはもうできない。

資産がなく、年金しか生活の糧がない高齢者が大勢いるからだ。
年金すら無く、生活保護で暮らしている高齢者もたくさんいる。

彼らを養うには、現役世代から金を取るしかない。

将来に回す金など、どこにもないのだ。

次の暴落までには上がりにしたい。

今、経済の状況が良いのか、資産は順調に増えている。
正直、怖いくらいだ。

しかし、停滞というか暴落は必ずやってくる。

今の好調の波がいつまで続くかは分からない。
またヨーロッパで、とんでもない事件が起きるかもしれない。

年齢と人生の残り時間を考えると、次に暴落したら、持ちこたえられないと思う。
目標額の4000万円をを達成したら、安全資産へ移行したい。
あと半年くらいは今の好調が保ってほしい。

アクセスカウンター

プロフィール

顔のない旅行者

Author:顔のない旅行者
52歳の独身会社員
しがない会社員
4000万円貯めて、セミリタイアを目指す男。
神奈川県在住

フリーエリア

にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

ブログ内検索