FC2ブログ

身体の老化を感じる。

53歳となり、50代も3分の1を過ぎた。
最近は、身体の老化を如実に感じる。

眠れなくなった。
睡眠時間が6時間を切っている。
もっと眠りたいと思うのだが、いつも6時間以内に目が覚める。

身体の硬化。
身体の柔軟性が無くなった。
いつも背中や肩が凝るようになった。
ストレッチをしているのだが、すぐに固くなってしまう。

筋力の低下。
腕の筋力が低下してきている。
というか、筋肉が減ってきている。

股関節の硬化。
これが一番の問題。
何ていうか、うまく足が動かなくなってきている。
「老けない体」は股関節で決まる!
以前、この本を読んだのだが、まさか本当に、こうなるとは思わなかった。

肥満。
どんどん太っていく。

なんていうか、老人まっしぐらだ。

筋トレ、ストレッチを実践していかないと、あっという間に不健康になってしまう。

寿命ラットレース、いい言葉を聞いた。

【お便りコーナー】配当金の手取りが90万円ですが働かず台湾やタイで生活していくことが可能か?

寿命ラットレースとは
自分が死なないと勘違いしてしまって死ぬまで使いきれない金を貯めること

確かに、人生100年時代だなんて言われると、100歳まで生きるのが当たり前だと錯覚してしまう。
しかし、実際には60歳を超えると死亡する確率は飛躍的に上がる。

60前、70前、80前に亡くなる人も結構いる。
自分が80歳前に亡くなることだって不思議でもなんでもない。

さらに80歳を超えれば、活発に動くことはほとんど不可能になる。
今後、画期的な老化防止技術が開発されるかもしれないが、自分がその恩恵を受けることはない。
一旦、老化してしまった細胞はもとに戻らない。

IPS細胞とかで、臓器やらを新たに作る技術も開発されるかもしれないが、それは莫大な費用がかかるだろう。

結局、cubさんの言うように、80歳とか90歳をエンドとして想定して、そのくらいで資産がゼロになるように生きるのが正しいのしれれない。

親知らずを抜いた。

掲題のとおり、今日、親知らずを抜いた。
人生で一度きりの経験なので、記録に残しておこうと思う。

右下に親知らずが生えていた。
上に対になる歯がないので、文字通り何の役にも立たない歯だ。
医者からは抜いたほうがいいと言われていたのだが、正常な歯を抜くのは何となく抵抗があって、放っておいた。
しかし、最近、親知らずのあたりで冷たいものが凍みるようになったり、時々ずきずきと痛むようになってきていた。

そこで、思い切って抜くことにした。
鏡で見てみると、親知らずは結構大きい。
幸いなことに、親知らずは横に生えたり、埋もれてもいなかった。
前の歯よりも5ミリメートルほど上に伸びている。
上に歯がないので、歯の伸びが阻害されなかったからだろう。

医者からは、簡単な抜歯の部類だと言われた。
しかし、あんな大きい歯を抜くのは、すごく痛くて大変なことになると思い、内心ビビっていた。

抜歯するときの回想
歯医者の治療用の椅子に座る。
椅子がリクライニングする。

医者が麻酔をかける。
なんか電動器具のよう注射器だった。
針が歯茎に刺さったときも全然痛くなかった。
注射器が電動し、針から麻酔を注入しているときも何も感じない。
本当に麻酔がかかっているのか心配になるほどだった。
注射器は2種類あって、1つ目の注射器での麻酔の後、2つ目の注射器で麻酔を打たれた。

その後、抜歯。
ものすごく痛くて、口の中をゴリゴリされるかと思っていたら、あっさりと終わった。
あまりにもあっさりだったので、どうやって抜歯されたのかも覚えていない。
麻酔で口の中の感覚が麻痺していたので、口の中で何が起こったのかもわからなかった。
医者の言う通り、簡単な部類の抜歯だったのだろう。

子供の頃、虫歯になった歯を抜いた事があったが、まさに地獄の思いだった。
麻酔の注射器はおどろおどろしく、ペンチみたいな器具で歯を抜いた。
麻酔の針は刺されるとすごく痛く、麻酔の注射器で麻酔液が歯茎に注入されるとさらに痛かった。
ペンチみたいな器具で歯を抜いたときは、ゴリッと音がした。
凄まじく、恐ろしかったという記憶がある。
その頃の記憶があったので、抜歯は大変と思っていた。

改めて、歯科医療の進歩というものを実感した。

いつまでも働かされる時代

日本の少子高齢化は止めようがなく、労働力は不足する一方だ。
すでにコンビニ、外食産業は外国人労働者がいなくては成り立たなくなっている。
そして、日本はその外国人労働者を技能実習生と名の下、安月給で働かせている。
すでに日本人では、時給900円でコンビニのバイトすら集められない状態だ。
こんな事例もある。
工場やコンビニ「外国人がいないとやっていけない」のが現実

少子高齢化に直面している国は日本だけではない。
すでに外国人労働者の奪い合いが始まっている。
日本の労働環境の酷さは外国に知れ渡っている。
こんなことをやっていては、いずれ外国人労働者は日本に来なくなるだろう。

低賃金で単純労働を賄う労働者だけでなく、ITなどの高度技能労働者は、最初から日本で働くことはない。

外国人労働者が居なくなった時、低賃金で単純労働を担うのは誰か?
間違いなく、高齢者だ。
正確には、定年退職した65歳から75歳までの比較的元気な前期高齢者だ。

シルバー人材人手不足 最盛期から千人減 姫路市
シルバー人材は、最低賃金には縛られない。
つまり、安く使える。
技能実習生の代わりにはうってつけだろう。

60歳から65歳の定年再雇用者は、給料を減らされ、役職を外され、会社で低賃金労働者と働く未来が待っている。

これからは、60歳から75歳まで、低賃金で働かされる時代が待っている。

アクセスカウンター

プロフィール

顔のない旅行者

Author:顔のない旅行者
53歳の独身会社員
しがない会社員
セミリタイアを目指す男。
神奈川県在住

フリーエリア

にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

ブログ内検索